Flow

マンホールができるまで

製造工程

1.造型:木型、鋳枠を使用し鋳型を作る

木型、鋳枠
造型:型に砂を込め付ける
抜型:砂硬化後、型から外す
硬化した鋳型
塗型:耐熱塗型を吹き付ける
乾燥、組立:乾燥させ組み立てる

2.溶解、注湯:溶解炉で鉄原料を溶かし、鋳型に溶湯を注入する

注湯場:完成した鋳型を並べる
溶解:鉄原料を溶解炉に投入する
溶解:1500℃まで温度を上げる
出湯:溶解炉から取鍋に移す
注湯:鋳型に注入
冷却:2時間程度自然冷却する

3.バラシ:製品が冷却された事を確認し、鋳枠から取り出す

バラシ:重機を使用し製品を取り出す
上枠を外す
製品を取り出す
製品を次行程に移動させる
上枠、下枠の鋳砂を落とし積んでいく
製品に砂が付着している状態

4.ショットブラスト:鋳砂を除去する

専用籠を準備する
湯口等、不要部位を除去する
専用籠の中に入れる
キャビネット内にセットする
キャビネット内で鉄球をぶつける
鋳砂が除去された状態

5.仕上げ:不要部を除去する

マンホール専用仕上げ場
鉄粉が飛散しないように集塵
湯口部等不要部を削る
湯口部等不要部を削る
中子部の鋳バリを削る
中子部の鋳バリを削る
仕上げ完了

5.加工:蓋と枠の組み合わせ部を切削する

NC加工機
製品を専用治具で吊る
芯出し
プログラムを呼び出し加工
1枚毎に寸法測定
加工後

7.粉体塗装:粉末を散布し熱を利用し塗装

加工した製品を専用治具で吊る
粉体塗料を吹き付ける
粉体塗料吹き付け完了 色はグレー
乾燥炉で焼き付ける
焼き付け完了(蓋) 艶の有る黒になる
焼き付け完了(枠) 艶の有る黒になる

8.組み立て:必要部品を組み付ける

組み立て台に乗せる
蝶番、塞番
ボルト類
塞番を取り付ける
蝶番を取り付ける
部品取り付け完了

9.出荷準備:枠と蓋を組み付け、必要枚数重ねる

蓋をクレーンで吊る
蓋と枠を組み合わせはめ合わせる
微調整をする
パレットに必要枚数重ねる
結束バンドで締め付ける
設置部に段ボールを当て傷防止
梱包完了